スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早生まれ・・・

またまた、1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。。

我が家では、外産を除き成虫のほとんどは冬眠状態ですので、この時期やる事と言えば菌糸ビンの交換くらいでしょうか・・・

この時期は、昨年6月割り出しの幼虫達は4本目の交換ですが、11月割り出しの幼虫などはまだ2本目だったりします。

11月割り出しの幼虫達は、やはり6月生まれの幼虫達と比べて体重ののりがイマイチな部分が否定出来ないものの、3令初期まで低温でじっくり育った幼虫は体重の割りに大顎がしっかりとした個体が羽化するように思えます。

6月生まれの幼虫は、最終ビンで暴れて体重を落とす個体が割と多いのですが、11月生まれは最終ビンまで体重がのり続け暴れも少ない気がします。極太血統はこの作戦??が有効な事もありますが、やはり大型を狙うには幼虫期間が長くとれる6月孵化がベストなんでしょうね・・・

この時期は、いかに菌糸状態と温度管理と酸素不足をベストな状態にもっていけるかで結果が決まります。要は幼虫が安心して蛹になれる居心地のいい環境にしてあげれば良い訳ですが、、

ま、所詮、幼虫の気持ちなんぞわかりませんし、落ち着いてじっとしてる時がきっと心地よい時なのでは無いかと勝手に想像しておりますww

それでも、どうしても、、暴れてしまう幼虫が居るのですが、そんな時は比較的熟成が進んだPP1100のボトルに移し、しばらく頭を冷やすよう?低温で管理しております。ちなみに、PP1100にする理由は1400より狭い空間で運動量を減らす為です。
低温飼育しても、早期羽化してしまう個体も必ず出てきます。

今期早期羽化してしまった個体はこちら・・・
1 (2)
<Prince Of Kawanisi76G×79G> 6月20日割出→9月13日(29グラム)→2012年1月末羽化(77.4ミリ)

同腹メスも・・・
2 (3)
<Prince Of Kawanisi76G×79G> 6月20日割出→9月24日(12グラム)→12月末羽化(49.2ミリ)

そして、能勢YG866前ギネス直仔も・・・
yg1
<能勢YG♂86.6mm(ギネス)×♀50.5mm(♂85.8mm同腹)> 
6月割り出し→9月11日(13グラム)→11月12日(12グラム)→2012年1月中羽化(48.8ミリ)

若干残念な結果ですが、早期羽化の個体は春には何とか使えそうですので、考えようによっては良かったのかも知れません。。
Prince Of Kawanisi76G×79Gの仔はインブリードか、Dゴールドのオスと掛け合わせ、866の直仔YGのメスは、昨年羽化の同866と同腹の仔と掛け合わせる予定です。
スポンサーサイト

YG866直子~途中報告~!

すっかり、報告が遅くなってしまったYG866直子達ですが、、以下のような結果です。

 No.1 ♂86.6mm×♀52.6mm(♂85.8mm同腹)の仔
      ①♂26グラム
      ②♀16グラム
      ③♀17グラム 

 No.2 ♂86.6mm×♀50.5mm(♂85.8mm同腹)の仔
      ①♀12グラム
      ②♀17グラム

 No.3 ♂86.6mm×♀52.5mm(♂85.4mm異腹)の仔
      ①♂27グラム 
      ②♀13グラム

 No.4 ♂80.2mm(♂85.8mm同腹)×♀50.3mm(♂85.8mm同腹)の仔
      ①♂29グラム
      ②♀12グラム
 
 011.jpg
<NSYG866-526> メス17グラム

 015_20111114003004.jpg
<NSYG802-503> オス29グラム

偶然にもほとんどの幼虫が上手くペアーになりましたが、♂86.6mm×♀50.5mmの子供だけメス×2になってしまいました。。。ざんね~~ん

この幼虫達を譲って頂いたクワ友であるgold757さんにも飼育状況を確認させて頂いたのですが、メスが全体的にいつに無く大きいそうです。。

オスは今後の伸びを期待


話がクワとはそれますが、、
昨年、菌を打ち込んだクヌギの原木から1本のみですがシイタケが生えてました・・・w
1_20111114010458.jpg
放置したため特大です!

10月生まれ・・・

10月に入りましたが、我が家の地下室のブリードルームは8月末、9月初旬セットの幼虫を取り出しています。
地下室は1ヶ月程度の季節のズレがあるようで、まだ9月程度でまだ暖かい感じです。

この時期は・・・
1:春にセット出来なかったもの
2:セットを組んでみたもののあまり採れなかったもの
3:どうしても幼虫が沢山必要なもの
をメインにセットしています。

セブンオークス
<セブンオークス E740♂×趙雲♀>

種親:E740(69.9ミリ)×趙雲(45.2ミリ)
ペアリング期間:4月26日~5月14日
回復期間:5月14日~24日
産卵期間:1回目:5月24日~7月4日(カワラLL材菌が廻り切ったものを使用)幼虫+卵12頭
       2回目:8月21日~10月5日(カワラL材菌が廻り切ったものを使用)幼虫12頭
ご覧の様に、、ちょっと放置し過ぎましたね・・・・
産まないとされるセブンですが今年は半数がアウトブリードにしたためか、絶好調です。
♂E740(72.4ミリ)×♀劉備(45ミリ)などは初回のセットで幼虫+卵で30頭以上!!でした。

他に割り出した10月生まれの幼虫は、、
元祖黒蟹KALS1×3、KALS4B、能勢YG、Dゴールド、Gゴールド74SP、中原DNAなどです。
こらから、まだ割り出す予定もありますのでまだ増える予定ですが・・・・

ふとっ!!2代目旬太郎~2本目~

6月末に割り出した2代目旬太郎ですが、10月に入りようやく2本目に交換始めました。

初令投入後、3ヶ月以上過ぎてしまってますので、遅いのでは・・・
と、恐る恐る、、棚の奥にあるボトルを取り出してみると、大型血統の必勝パターン?!
意外にも暴れてる幼虫は1頭もなく居食いしている様子・・・・

早速、オスらしい食痕のボトルをチョイスして交換を始めましたが、、
逆さにしたボトルからは、ボテッ!!次々と巨大幼虫が・・・・・

1.jpg
<2代目旬太郎血統 780-490>
 2011年6月26日 割り出しPP800投入→10月4日 35グラム PP1400投入

2.jpg
<2代目旬太郎血統 780-490>
 2011年6月26日 割り出しPP800投入→10月4日 34グラム PP1400投入

3.jpg
<2代目旬太郎血統 780-490>
 2011年6月26日 割り出しPP800投入→10月4日 32グラム PP1400投入

私的にですが、幼虫の体型的には能勢YGよりは体長が短く太く、元祖黒蟹よりは体長が長く、
Dゴールドと類似する感じです。
2本目以降、菌床の熟成度、温度管理、換気管理(フィルター)に注意して暴れの無いようにしなくては!!

ちなみに、異腹の♀51.7mmの幼虫はこらから2本目交換です。こちらも楽しみです。



◇能勢YG 80.5×49.1ミリ割り出し◇

◇能勢YG 80.5×49.1ミリ割り出し◇
ygb02.jpg

種親♂は前回同様ビッダーズID:keikyonさんより譲っていただいた個体で、美コン優勝血統になります。
♀は無理を言って譲っていただきました、ビッダーズID:ginbosiさんの個体になります。
今回のメスは50ミリに足りないものの、兄弟では85ミリも羽化と聞いてますので、期待してます。

【飼育データ】
◇種親:80.5ミリ(B02)×49.1ミリ
◇ペアリング期間:5月28日~6月8日
◇回復期間:6月8日~13日
◇産卵期間:6月13日~7月12日(カワラM材菌が廻り切ったものを2本使用)

見るからに幼虫がウヨウヨいそうですね・・・・
014.jpg

さて、、結果は・・・・2令幼虫3頭、初令幼虫12頭、卵15個とまずまずな成績でした。

FC2カウンター
プロフィール

あいらんど☆

Author:あいらんど☆
 
◇東京都大田区在住 40代3児のパパ
◇趣味:ゴルフ・釣り・スキー・そして、オオクワ飼育
◇好きな言葉:まっ、いいか~
 
本業が忙しい為、気が向いた時と、大きな幼虫が出た時、大きな成虫が羽化した時のみになるかも知れませんが(笑)どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。